前へ
次へ

子どもにとって安心できる教育かどうか

痛みを与えて教育をしていくのはすでに古い教育方法として認識されています。
と言っても今でもそれなりに残っていて、今の教師が子供の頃であれば普通に行われていたかもしれません。
それだけにいかに痛みと教育が別ものかを教える側が知る必要があるでしょう。
これからはより合理的な教育が進められるのでしょう。
幼児教育においてもいろいろな教室があり、教育方針も様々です。
厳しい教育が売りの教室だと今にも泣きだしそうな子もいるときもあります。
もちろんそれで子供が大きく成長してくれればいいのでしょうが、逆効果になれば何の意味もないでしょう。
幼児教育は親が決めなければならず、安全かどうかの見極めが大事になります。
安全で安心できる幼児教室を選ぶときには、まずは親が実際に教室に運んで教室の様子、授業の様子、教える先生の対応などをチェックする必要があるでしょう。
教育の一貫だからと子供に辛い負担を加えるのはあまり良いとは言えないでしょう。

Page Top