前へ
次へ

日本とは異なる海外の教育制度とは

一言で教育制度と言っても、国によって大きな違いがあると言われています。
例えば、一般に学力が世界第一位と言われるフィンランドにおいては、学校で教える教師の質が非常に高いことで知られています。
義務教育の時期には他人と比較するような学力テストは一切行なわれず、あくまでも自分のために勉強するという強い意識が行き渡っているのが特徴です。
また、やはり世界的にも高い評価を受けているカナダの教育制度に関して言えば、学校教育に関連した費用のほとんどすべてが州政府により賄われているのが現状です。
それだけ学校教育が重視され、発達していることを物語っているのです。
さらにアメリカにおいては、個人の学習スピードに合わせた飛び級と呼ばれる制度が浸透しており、たとえ同じ年齢であったとしても一人一人の理解度に合わせて受ける授業が違ってくる場合もあるのです。
この点では集団の和を重んじる日本とは異なり、教育の分野に関しても個人主義の精神が尊重されていると言うことができます。

Page Top