前へ
次へ

英語と音楽の可能性は子どもの頃から

何歳になっても学ぶには遅くない、とは言いますが、子どもの頃から学んだほうがだんぜん楽なものもたくさんあります。
よく言われるのが英語です。
大人になってから英会話教室に通うにはハードルも高く、そもそも英語のリズムが体にないため苦労する人も多くいます。
また、大人になって初めて英語を話すのはなんとなく照れくさいこともあり、挫折しがちです。
子どもの頃から英語に触れ始めると、文法よりも先に英語のリズムや抑揚を体で覚えるため上達が早く、自然に身に付くと言われています。
他には音楽も子どもの頃からやるほうが身に付きやすいです。
こちらもリズムや音感を若い脳で覚えられるため、年をとってから習うよりもスムーズに身に付きます。
絶対音感などは子どもの頃でないと身に付かないとも言われています。
あれもこれもと子どもに押し付けるのも問題ですが、音楽や英語に触れる機会を持ち、子どもの興味や特性を観察してあげるとよいでしょう。

Page Top