前へ
次へ

教育のあり方を考える、教育方法について

いつの時代でも、教育方法とは、悩ましい内容の一つです。
古代においては、宗教的な内容を視点において教育方法のあり方が考えられていました。
道徳の価値観の社会においては、社会的な組織が崩壊しやすくもあったためです。
中世においては、子供の脳を真っ白な紙として考え、いかに効率よく知識を刷り込むかについての内容に価値が高まった時代もあります。
現在でも見られる傾向ですが、知識が豊富でも、新たな発想力を生み出す力に欠けてしまう問題点があります。
全ての教育には、共通的な内容があります。
それは、目標と成長の2つの内容です。
そして目標には、より環境に適応するなどの価値もある姿もあるでしょう。
現在の教育方法は、この2つの要素に対する意識が学ぶ者に認識しておらず、目標と成長を見失い、子供の学習意欲の低下を招いていると考えられています。
ある教育方法で評判の高い先生は、この点に意識を向け、子供に日記を付けさせながら目標と成長に対する意識を高めさせているのです。
この教育方法は、大人が働く社会でも注目され、目標だけを掲げるのではなく、成長に対する意識向上を心がける企業も増えています。

Page Top